質問など掲示板はこちら⇒

トップページ>誰に見てもらいたいのだろう
誰にみてもらいたいのだろう

スポンサードリンク




いったい誰にみてもらいたいのだろう?

 さてあなたがつくろうとしているページはいったい誰にみてもらいたいのだろう?家族でしょうか、友人かな?女性、男性でしょうか、子供、若者、大人、老人、、、はたまた外国の方でしょうか?これは非常に重要なことです。これを考えておくと作るページの内容もかわってくるかもしれないからです。またこれを決めておけば宣伝する仕方もかわってくるでしょう。

見てもらう人を決めるというのは、とりあえず日本人というだけで日本語でつくらなければならないです。さらに言えば子供ならばわかりやすい言葉や簡単な絵を使ってあげるのもよいかもしれません。老人の方だけなら字や絵を大きく表示したページを心がけるべきでしょう。家族や友人や専門的な人いがいにもいろいろな人にみてもらうには、ローカルな言葉や専門的な言葉などにはきっちり説明をつけてあげるページにしなければいけません。
 ですから誰にみてもらうか?というのは非常に大事なことであるということがわかってくるはずです。これは検索エンジンやバナーなどの宣伝の場所にも影響をあたえる項目ともいえるでしょう。ちなみにココのページは若者か大人で初心者の方って感じの人向けって思ってます(^。^;)





みてもらうための努力はしよう、、、


 やはり情報を提供することこそがホームページを作る理由であると思います。ですから見てもらうという行動は最低限努力するべきであると思います(^。^;)/ ではどうやって見てもらうということができるのでしょうか?それはさまざまな方法があります。基本は検索エンジンや作ったページと同じような種類のリンク集に登録するなどです。ほかにも知り合いに教えてあげるとかなどもしましょう。やはり一番早くて効果が高いのは「YAHOO」さんのところに登録させていただくことだろうと思います。しかし、たくさんみてもらうことはうれしいことだと言っても、たくさんみてもらわなければならない!というわけではないので一日数人でもすばらしいことです。商売ページの場合はたくさん見てもらう必要があるという例外ではありますが、、、(笑)












戻る

トップページ>誰に見てもらいたいのだろう
PC操作がサクサク動く!軽さNo.1・検出率No.1のウイルス対策ソフト!