質問など掲示板はこちら⇒

トップページ>どうすれば軽くなるの?
どうすれば軽くなるの
 
スポンサードリンク



 さあいったいどうすればホームページの容量を軽くできるのでしょうか?
それを考える前に、「ホームページが読みこまれて表示するまで」について
解説したいとおもいます。

あなたがある「リンク」を押した後、ページが表示されるまでにページが読みこまれる状態をよく見るとわかるのですが、ホームページとはこういう風に読みこまれ、表示されて行きます。
つまりこの表示の仕方を知っていれば、やじるしが最初に来るところに大きな画像をいれてはいけないであろうことがわかります。



前回で説明した図で表示される順序を説明すると、ホームページと言うものは「ホームページファイル」というじゅうたんがまずしかれます。そのあとに上から順に画像とJAVAが置かれていくという順序で表示されます。まずじゅうたんが軽いものでないと「画面にすぐ何もうつりません」じゅうたんが軽くても最初のほうに置かれる画像などが重いと「なかなか表示されません」
できればすべてを合わせても「50kb(キロバイト)」以内におさめるのが理想です。そうすれば56kモデムなどなら10秒ほど以内で表示されるでしょう。
どこかの本で私がよんだのですが、YAHOOの登録を決める上でも「軽さ」というのは大事な判定基準だそうです。「50kb」というのもこのYAHOOさんところの社員さんの言葉からパクッタものです(笑)
できれば50kb以内でシャっと出るのが望ましいそうです、、、




ではホームページを軽くするにあたって、「重くなる原因は?」を
クローズアップしてみました。

原因その1.・・・まず考えられるのは、「表やセル」です。これらはホームページのファイルを左右します。
原因その2.・・・次に考えられるのは「画像」です。これは「容量の大きいもの」や「画像の数」が原因です。
原因その3.・・・上の表示の法則に逆い、ページの上に大きな画像、大きな表を固めて置いてしまうなど。
原因その4.・・・三つ目は「無駄タグ打ち」空白ソースです。これはホームページビルダーの初期設定です。
原因その5・・・ホームページを置くサーバーの状態


どうすれば軽くなるか?、、、それはこれらの原因を直していけばいいのだと
いうのが結論です(^。^)ノさあ次はこの原因をボコボコに破壊する解説です!(>。<)ウキー










実際に軽くしてみよう



トップページ>どうすれば軽くなるの?


PC操作がサクサク動く!軽さNo.1・検出率No.1のウイルス対策ソフト!